遺品整理・生前整理を低予算に変える最も有効な方法

遺品整理札幌

この記事は一生に何度も経験する事は無いであろう、基本的には高額で依頼するのが一般的な『遺品整理・生前整理』をいかにして低予算で抑えるかを貴方の為になるべく詳しく書き進めていきたいと思います。

遺品整理・生前整理とは

どちらも身の回りで使用していた品物や蒐集していた品物を整理処分する事ですが、まずは下記の項目で詳しく書いてみます。

遺品整理とは

遺品整理とは、家族など近しい関係の人が亡くなった時に、遺族が故人が遺したものを整理処分することです。自宅内に残された家具や衣服など日用品はもちろん、貯金や金券類の金品や財産も含みます。

故人となった方が生前に詳しい整理方法や処分方法を伝え残しておいてくれれば良いですが、そういった指示を残すことなく急に亡くなった場合、遺族に混乱を招くことになってしまいます。

最近では終活という言葉とともに生前整理という言葉が良く聞かれるようになりました。

生前整理とは

生前整理とは、文字通り、生きている間に身の回りの品をある程度処分しておき、できるだけ身軽な状態で最期を迎えるということです。どこの家庭にもいらなくなった洋服類や家具調度品、布団など処分が大変なものがそのまましまわれています。たとえば定年退職を迎え、今後のライフプランが安定した状態になったときが最初の生前整理の時期です。巣立った家族の帰省時に使う布団以外の不要布団は潔く処分してしまいましょう。また家電製品も、使いこなしていないものは人に譲るなりして処分すると良いでしょう。洋服も着ない物は処分し、空いたタンスなども処分します。金品類はリストにして何かあったときに目録がすぐわかるようにしましょう。これらの行動は遺された遺族への思いやりにもつながります。

遺品整理・生前整理を低予算に

低予算

遺品整理も生前整理も基本的には高額な費用がかかります。これは処分する物の総量にもよるのですが、あまりに安すぎると不法投棄につながる可能性もありますので、きちんと処分するには相応の費用がかかるという事です。

古道具屋だから出来る事

所謂遺品整理屋さんは多少の差はあっても遺品を処分するには費用がかかります。

 当店ではその前に遺品を買取する事が可能です。

たとえば一軒丸ごとの遺品整理処分に20万円かかるとします。家具や置物、その他本やレコード、骨董品などの買取りで10万円お支払すると、、、

 処分費用20万円-買取10万円=処分費用10万円 

このように実は買取りが可能な物まで処分する必要はないのです。もちろん買取りできるものはケースバイケースですので買い取れるものが必ずあるわけではありませんが、お見積もりや出張費用は無料ですのでご安心してご相談ください。

札幌で遺品整理・生前整理のまとめ

当店ではおそらく初めての経験でどうしていいのかお困りのあなたへ親切丁寧に対応させて頂きます。

提携している処分業者、解体業者、不動産業者、司法書士もおりますのできっとあなたのお力になれます。

 

81eco

遺品整理札幌

古いものの買取りをしています。

12049185_873005886110840_1973411362459480652_nエイティーワンではアンティーク・古道具・骨董品などの古いものの買取りを行なっております。

 

このページでご紹介した商品、または似たような商品の買取りも大歓迎です。

 

ご不要になりましたらお気軽にご相談ください。

古道具屋だからこそ可能な低価格で高品質な遺品整理

札幌 遺品整理エイティーワンではあなたにご予算に合わせた遺品整理のプランをご用意いたします。
特に人気があるのは、古いものの買取に特化しているので費用を軽減できることです。

 

お家を売却する前のお片づけで全部処分する前に価値あるものをお探しします。

わからないことは何でもお気軽にご相談ください。

2 件のコメント

  • こんにちは〜質問です。10月26日のガラス扉のキャビネットはおいくらでしょうか。教えてください。

    • 川野様、お問い合わせありがとうございます。返信が遅くなり申し訳ありません。
      26日ブログでご紹介したキャビネットは38000円です。
      アプリ会員のお客様は価格から10%お値引きさせて頂きます。
      ご検討のほど宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    noriaki HARA

    古いものが好きで20歳から骨董屋で修行をはじめました。 見たことないもの、手に入れたことのないものを求めて毎日のように走り回っております。 主に仕入れを担当しています。二児のパパ。 http://kandkcorporation.com/